軽い運動で、メリハリボディづくり! くびれをつくる方法

MENU

軽い運動で、メリハリボディづくり!

30代半ばの女性です。

 

数年前、出産したあとに産後うつを患ってしまい、やつれた形相になってしまいました。体がげっそりとやせ細り(スリムではなく、ガリガリ&たるみという感じです)、以前あったくびれは印象が薄くなって、メリハリのない棒きれのような体形になってしまいました。

 

治療に努力し、ようやく気持ちが回復に向かった頃、主治医に「何か軽く運動をしたらいいですよ」と勧められました。

 

散歩→ウォーキング→ジョギングへ

散歩の延長からウォーキングを始め、徐々にジョギングへと移行しました。距離も少しずつ伸ばし、頻繁に行うようになりました。ふくらはぎに少しだけ筋肉がついたのか、やや下半身が引き締まったのを感じた時、「これと同じことを、お腹まわりにしてみたらどうだろう。ウエストのサイズダウンに成功すれば、昔あったくびれが、少しは復活するかも…」と思いつきました。

 

軽い運動で、メリハリボディづくり! くびれをつくる方法

そこで、ジョギングの前後、いつもの準備運動に加えて、お腹まわりを中心としたストレッチ体操を取り入れるようになりました。難しいことはせず、肩幅ほどに足を開いて、腰をゆっくり回す…というものです。ただぐるぐると回すのみでなく、8の字を書くようにも回します。以前、職場の先輩に「くびれをつくる方法」として伝授してもらった方法です。

 

そして、汗を流した後に、腹筋運動を20回ほど。

 

あまり神経質になっては、かえってストレスになり良くないなと思い、実施はジョギング同様、週に3-4回です。

 

ところが、効果はてきめんでした。1か月ほどたったある日、鏡をみると、おなかがうっすらと「割れて」いるのに気がついたのです!

 

やせ細っていたころ、おなか部分だけはやや膨張ぎみで、元気なく垂れているという感じでした。それが、筋肉のおかげで引き締まり、結果ウエストのサイズダウンにつながり、くびれが見事に復活したのです。

 

私が試したこのジョギング(軽運動)+おなかストレッチは、お金も全くかからず、またどなたでもすぐ始められる簡単な方法なので、くびれ効果を狙う方にはぜひ試してもらいたいのですが、唯一デメリットもあります。

 

それは継続性が必要なこと。方法自体は軽いですが、これは1か月以上という長期にわたって続けないと、なかなか効果は見えにくいものです。私の場合は、うつ対策であり自分の小さな趣味として楽しんで行うよう心掛けているので、続いています。また、効果が出ても運動をやめればすぐに筋肉(とくびれ)は落ちてしまいますので、やはり継続はとても大切ですね。

 

これはいい!くびれを作る方法>>